保育士養成学校「大学・短大・専門学校」

保育士養成学校について
保育士の資格を取得するには、保育士試験に合格する方法と、保育士養成学校に入学し、所定の単位を取得し、卒業する方法の2通りがあり、現在では保育士養成学校に通って、保育士資格を取得する方のほうが多いようです。


保育士養成学校は、「大学・短大・専門学校(専修学校)」の3種類があり、それぞれに特徴がありますので、保育士養成学校に通う場合は、どこの学校に入学するか比較検討しましょう。


全国の指定保育士養成施設 一覧


 保育士養成学校の大学



保育士養成学校の大学で保育士資格を取得する際の特徴です。


4年間勉強しなければならないので、1日も早く保育士として働きたい方には向いていない。


4年間あるので、幅広い知識を得ることができ、将来についてじっくり考えることができる。


就職に有利?


保育士以外の資格を取得できる可能性があり、保育士だけでなく選択肢が広がる。


大学によって異なるが、年間100万円前後の授業料等が必要。


 保育士養成学校の短大(短期大学)



保育士養成学校の短大で保育士資格を取得する際の特徴です。


2年間という短期間で保育士の資格を取得することが可能。


短大によっては、保育士以外の資格(幼稚園教諭二種免許など)を取得することも可能。


短大によって異なるが、4年制大学と同じく年間100万円前後の授業料等が必要。


 保育士養成学校の専門学校(専修学校)



保育士養成学校の専門学校(専修学校)で保育士資格を取得する際の特徴です。


短大と同じく2年間という短期間で保育士資格を取得することが可能。


大学に比べて、保育士の仕事に直接繋がる事を学べる。


専門学校によっては、保育士以外の資格(幼稚園教諭二種免許など)を取得することも可能。


専門学校によって異なるが、年間90万円前後の授業料等が必要。


 保育士養成学校の通信教育(通信大学)



大学や短大に通って勉強することが難しい方のために、通信教育(通信大学)を行っている大学や短大もあり、もちろん所定の単位を取得し、卒業すれば保育士の資格を取得できますので検討してみてはいかがでしょうか。




保育士資格を取得できる通信講座、学校の資料を一括請求!

ユーキャン、ヒューマンアカデミー、四谷学院などの通信講座や、各地域の保育専門学校の資料を1度に請求できるBrushUp学びなら、講座内容、費用、特長を簡単に比較できますよ。