都道府県知事への登録

保育士登録について
平成15年11月29日に施工された児童福祉法の一部改正によって、保育士試験に合格したり、保育士養成学校を卒業して、保育士資格を取得した者は、「保育士となる資格を有する者」となり、資格取得後、都道府県知事に登録申請し、保育士登録名簿に氏名・生年月日などが登録され、保育士登録証(保育士証)の交付を受けることによってはじめて、保育士と名乗って働けるようになるのです。


 いつまでに保育士登録すればいいのか?



保育士資格を取得後、保育士の登録をいつまでにしなければならないといった規定はありませんが、保育士として働くには、その業務に就く前に登録を済ませ、保育士登録証(保育士証)の交付を受けなければならず、もしも保育士登録証(保育士証)の交付を受けていないにもかかわらず保育士と名乗って働くと罰則の対象になりますので注意が必要です。


もちろん、保育士として働かないのであれば登録する必要はありませんし、登録しなかったからといって、取得した保育士資格が無効になるわけではありません。


 保育士の登録方法は?



保育士登録するには、「保育士登録の手引き(都道府県、市町村の児童福祉課にあります)」の中にある登録申請書に必要事項を記入し、必要書類「保育士資格証明書・戸籍抄本(氏名の変更がある場合のみ)」と一緒に郵送します。


また保育士の登録をするには、「手数料4,200円(平成29年現在)」が必要になりますが、登録は1回行えば、氏名、本籍地等の変更がない限り、何度も登録する必要はありません(登録後、住所変更があった場合でも申請の必要はありません)。


詳しくは保育士登録機関




保育士資格を取得できる通信講座、学校の資料を一括請求!

ユーキャン、ヒューマンアカデミー、四谷学院などの通信講座や、各地域の保育専門学校の資料を1度に請求できるBrushUp学びなら、講座内容、費用、特長を簡単に比較できますよ。