男性保育士

男性保育士について
保育士は平成11年(1999年)4月の児童福祉法の改正によって(平成15年に施工)、従来まで保母さんと呼ばれていたものが、男女とも「保育士」という名称に統一されることとなりました。


従来まで男性保育者は特に、「保父」と呼ばれていましたが、この名称は正式名称ではなく俗称で、男性保育者の増加に伴い、男女関係なく保育士と名称が変更されたのです。


 男性保育士の割合(人数)



男性保育士は近年、確かに増加していますが、それでも全体的に見ればまだまだ少ないのが現状で、2016年現在、保育士全体の「約3%」が男性保育士となっています。


ちなみに男性幼稚園教諭の割合は、「約7~8%」となっていますが、男性幼稚園教諭の場合、「園長・教頭」などが多いので、それを考えれば男性保育士と男性幼稚園教諭の割合は同じくらいかもしれませんね。


 男性保育士はなぜ増加しているのか?



男性保育士が増加しているもっとも大きな理由が、「保母⇒保育士」に名称が変更されたことだと思います。


子供が好きで、保育所(保育園)で働きたい男性でも、保母(保父)さんと呼ばれることに抵抗があったのではないでしょうか。


また男性保育士をテーマにしたテレビドラマなどが放送されたことから、男性保育士がさまざまなメディアで取り上げられ、注目を集めたことも男性保育士増加の理由の1つではないでしょうか。


 男性保育士の必要性



保育士といえば女性を連想される方が多いと思いますし、男性保育士はまだまだ珍しいのが現実です。


しかし男性保育士は近年、保育所だけでなく、その他の児童福祉施設などでも、とてもニーズが高まっていることも確かです。


なぜ男性保育士のニーズが高まっているのか?


保育園などに男性保育士がいると、育児は女性がするのが当たり前ではなく、男性も育児をするのが普通に思われるようになり、家庭で父親が積極的に育児に参加することが期待できる。


女性だけの職場よりも、男性が入ったほうが、子供にも良い影響を与えることが多い。


女性と男性の保育士がいることで、お互い良い刺激になる。


体力のある男性にしかできない仕事、男性のほうが向いている児童福祉施設があるのも事実。


以上のように、男性保育士は今後も確実に需要が高まり、保育士といえば女性というイメージも変わるかもしれませんね。




保育士資格を取得できる通信講座、学校の資料を一括請求!

ユーキャン、ヒューマンアカデミー、四谷学院などの通信講座や、各地域の保育専門学校の資料を1度に請求できるBrushUp学びなら、講座内容、費用、特長を簡単に比較できますよ。