保育士の仕事内容とやりがい

保育士の仕事内容とやりがい
晴れて保育士の国家資格を取得し、都道府県の登録を済ませ、保育士登録証(保育士証)の交付を受ければ、保育士と名乗って働くことができるようになりますが、具体的に保育士の「仕事内容」はどのようなもので、保育士の方はどのような事に「やりがい」を感じているのでしょうか。


保育士は保育所(保育園)だけでなく、さまざまな児童福祉施設、民間業者の施設(無認可保育施設など)などで働くことが可能ですが、実際にはほとんどの方が保育所(保育園)での勤務を希望していると思いますので、ここでは保育所(保育園)での仕事内容と、やりがいについて説明しています。


 保育士の仕事内容



保育所(保育園)での保育士の仕事内容は多岐にわたりますが、具体的には以下のような仕事が中心となります。


子供に基本的な生活習慣を身に付けさせる(食べる・眠る・着替え・排泄するなど)。


子供の身の回りの世話。


集団生活を通して社会性を養わせる。


遊びを通して心身の健やかな発達をサポートする。


保護者に対しての報告、子育てに対するアドバイス、サポートを行う。


地域との連携。


保育士には、「高い専門性・知識・責任」が求められ、それに伴い保育士は国家資格となりましたので、保育士は専門知識(技術)を持って、児童の保育、及び児童の保護者に対するアドバイス、サポートを行わなければなりません。


また上記以外にも、「教材の検討・行事の計画・園だよりの作成・施設内の安全点検」なども保育士の重要な仕事になります。


 保育士のやりがい



保育士のやりがいは、なんといっても「子供の成長を実感できる」ことではないでしょうか。


たとえ自分の子供でなくても、子供の成長を間近で感じられることはとても幸せなことですし、保護者(親)の方より先に子供の成長を感じることが出来ることも珍しくありませんからね。


保育士として働いている方のほとんどが、この「子供の成長を実感できる」ことを最大のやりがいと感じ、それだけで保育士の仕事を選んで良かったと思っているようです。




保育士資格を取得できる通信講座、学校の資料を一括請求!

ユーキャン、ヒューマンアカデミー、四谷学院などの通信講座や、各地域の保育専門学校の資料を1度に請求できるBrushUp学びなら、講座内容、費用、特長を簡単に比較できますよ。