保育士の給料

保育士の給料
保育士の国家資格を取得し、保育士として働くときに気になるのが「給料」です。保育士はやりがいのある仕事で、子供が好きな人にとってはこれ以上ない仕事かもしれませんが、現実的に保育士として生活が成り立つのか気になるところです。


 保育士の給料



保育士の給料といっても、保育士として働く職場は色々ありますので、その職場によって当然給料は異なりますので一概には言えません。


例えば、保育士の仕事先としてもっとも多い保育所(保育園)で働くこととなった場合でも、


認可保育所で働くのか(公立?私立?)?
無認可保育所で働くのか?
どの地域で働くのか?
学歴は?
年齢は?


などによって細かく異なります。


参考までに、認可保育所の公立保育園で働くこととなった場合の保育士の初任給は以下のような感じとなっています(この場合は公務員としての採用となります)。


・大卒・・・「17万円前後+各種手当て
・短大卒・・・「16万円前後+各種手当て


ちなみに保育士全体の平均年収は320〜340万円ほどと言われており、多少、男性保育士のほうが高いようです。


ただ東京23区の公務員保育士の平均年収は600万とも700万とも言われていますので、地域によっても結構、違うようです(公務員は長く勤務する方が多いので、平均年齢が高いことも平均年収が高い一因でしょうが)。




保育士資格を取得できる通信講座、学校の資料を一括請求!

BrushUp学びでなら、ユーキャン、ヒューマンアカデミー、四谷学院などの通信講座や、各地域の保育専門学校の資料を1度に請求できるので、講座(授業)内容、費用、特徴を簡単に比較できますよ。