保育士の勤務形態「勤務時間・休日」


保育士の勤務形態「勤務時間・休日」は、勤務場所によって異なりますが、保育士としてもっとも多い勤務先となる認可保育園(保育所)の場合は以下のようになっている場合が多いようです。


 保育士の勤務形態



■保育士の勤務時間


認可保育園の場合、勤務時間は原則として「8時間(8時30分〜17時の間)」となっていることが多いようです。


しかし現実的には残業がある場合も多いようですので、事前に確認しておかなければなりません。


また夜間保育や24時間保育などで、1日8時間以上の保育を行っている保育所では、「早番・平常番・遅番」などと、勤務時間をずらしていることが普通です。


■保育士の休日


認可保育園の場合、保育士の休日は「週休2日」となっていることが多くなってきました。


しかし保育所によっては土曜日も保育を行っていることが多いので、土日連休ではなく、「月8日の休日(4週8休)」として、シフト制で休日を取っている保育園が多いようです。


また夏休み(お盆)、年末年始は、保育所によって保育を行うのか、休むのかが分かれますので、事前に確認しておきましょう。




保育士資格を取得できる通信講座、学校の資料を一括請求!

BrushUp学びでなら、ユーキャン、ヒューマンアカデミー、四谷学院などの通信講座や、各地域の保育専門学校の資料を1度に請求できるので、講座(授業)内容、費用、特徴を簡単に比較できますよ。