首都圏を中心に待機児童増加



2010年7月1日、読売新聞の調査によると、今年度(4月1日時点)首都圏や政令市などで待機児童(保育所に入れず入所待ちをする児童)が昨年度(2009年度)より増加している事が分かりました。


~待機児童の調査対象区域~


・東京(全市区町村)
・神奈川(全市区町村)
・千葉(全市区町村)
・埼玉(全市区町村)
・全国の政令市
・厚生労働省の集計で昨年4月の待機児童が全国50位以内だった市


上記239市区町村の今年2010年4月1日時点の待機児童は「21,640人」で、昨年2009度より1,121人、5.5%増加しました(首都圏は昨年度より8.9%増)。


ちなみに昨年度は上記の地域で全国の待機児童数「25,384人」の約8割を占めていました。


~待機児童数が多い市区町村~


順位 市区町村 2009年度 2010年度
(4月1日時点)
1位 横浜市 1,290人 1,552人
(20.3%増)
2位 川崎市 713人 1,076人
(50.9%増)
3位 札幌市 402人 840人
4位 世田谷区 615人 725人
5位 名古屋市 595人 598人
6位 仙台市 620人 594人
7位 練馬区 429人 552人
8位 相模原市 439人 514人
9位 八王子市 453人 496人
10位 福岡市 473人 489人


上記以外にも、浜松市⇒253人(1.9倍)、広島市⇒220人(2.4倍)などが待機児童数が増加しています。


ただ全体的に待機児童数は増加していますが、増加率は昨年度に比べ縮小しており、大阪市では昨年度より約400人待機児童が減るなど、対策が軌道に乗った自治体もでてきています。


2010年7月1日・読売新聞より一部引用


2010年7月2日(金)に、管総理大臣がニュースステーション(テレビ朝日)に出演し、古館さんから待機児童について質問された際、早急に問題を解決していくと発言していました。もちろん各党は参院選の公約で「待機児童の解消」を掲げています。


個人的には、こども手当以上に待機児童問題に取り組むべきだと思うのですが・・・




保育士資格を取得できる通信講座、学校の資料を一括請求!

ユーキャン、ヒューマンアカデミー、四谷学院などの通信講座や、各地域の保育専門学校の資料を1度に請求できるBrushUp学びなら、講座内容、費用、特長を簡単に比較できますよ。